酸洗いの種類

酸洗いピックリングとは

金属製品を作るときに、熱間加工や熱処理をすることで金属表面に酸化物の皮膜(スケール)が生じます。これらを取り除く際には酸処理が行われていますが、スケールを取り除かないとその後の研磨作業に時間がかか…

Read more »

酸洗いエッチングとは

エッチングとは酸洗いの種類の一つであり、酸をはじめとした様々な化学薬品の腐食作用を利用して金属の表面を加工する技法とされています。工程内容としては、まず最初に金属などのエッチングを行うものの表面に…

Read more »

酸洗いが金属製品を長持ちさせる理由

金属製品の汚れを溶解させる酸洗いはブラシを使う掃除とは異なり、表面に微小な傷が生じる心配がありません。そのため、劣化に繋がるサビの発生リスクを大幅に軽減させることが出来ます。

酸洗い酸浸漬とは

酸洗いも酸浸漬も酸処理の一種

酸洗いとは、金属を加工するために必要な酸処理のひとつで、ピックリングともいいます。硫酸や塩酸といった強酸の槽に金属をつけ込み、熱処理後の素材表面にあるスケールや錆を取り除きます。メッキの密着が良くなるので、メッキをつける際には前処理として必要になります。酸洗いには表面を研磨する効果もありますが、研磨を目的としたものではないので、光沢が出ないケースもあります。 酸浸漬も酸処理のひとつで、脱脂でできたアルカリ被膜や電解洗浄でできた酸化被膜を取り除き、金属表面を活性化します。酸洗いの後、アルカリ洗浄、電解洗浄を経て酸浸漬に移ります。酸浸漬も、メッキのつきをよくするために必要な工程です。硫酸、塩酸などの酸に金属をつけ込む点では酸洗いと同じですが、目的や作業時間に差があります。酸処理の対象によっては、二つの処理の違いが曖昧になり、混同することもあるようです。

酸処理の特徴と事故防止

酸処理は、対象とする金属によって酸の種類や混合比、濃度、時間などが異なります。方法を誤ると洗浄効果が出ない、製品表面が荒れてしまう、溶けてなくなってしまうなどの問題が起こります。溶けすぎないように抑制剤(インヒビター)をいれたり、汚れの影響を減らすために界面活性剤を入れたりすることもあります。そのほか、長時間の酸処理による水素脆性や、酸処理後の腐食対策・防錆なども重要です。 酸洗い、酸浸漬ともに危険な薬剤を使用するので、排水・排気などの設備や安全に取り扱うための対策が重要になります。排水には溶けた金属も含まれ、沈殿・除去しにくいものもあります。有毒ガスが発生する場合もあり、取り扱いには専門的な資格・設備・技術が必須です。

酸洗いの目的

酸洗いは文字通り酸を使って金属を洗う事ですが、そもそも何のためにそのような処理をするのでしょうか。又どんな時にそのような処理が必要なるのでしょうか。ここではそんな疑問について分かり易く解説してみたいと思います。