金属の表面を洗浄する目的で行う場合

金属製品の汚れの特徴と洗浄を行う際の注意点

金属製品は様々な汚れが付着する他、材質の成分が混ざり合って固い異物を形成してこびり付くことがあります。特に屋外に放置されていたり、頻繁に水濡れが生じる場所にある物は汚れとサビが混ざり合った異物が大量に付着してしまうので注意が必要です。汚れを除去する際は製品の表面に傷を付けないように丁寧な作業が求められます。金属製品のサビは殆どの場合、表面の微小な傷が空気や水に触れることで生じることから、洗浄時に傷が付くとすぐに新しいサビが出来てしまいます。また、金属製品の成分が混在している汚れは固くなっている物が多いので、手作業での洗浄では完全に除去するのは困難です。ブラシや金具などで強く擦ると傷や凹みが出来てしまう可能性があることから、酸洗いで汚れを溶解させるのが無難な方法になります。

酸洗いによる洗浄のメリットと作業後のお手入れ方法

酸洗いは強酸性の薬剤で金属製品の汚れを洗い流す行為です。薬剤の溶解作用で成分に関係無く、汚れを綺麗に除去することが出来ます。また、液体の薬剤は狭いすき間に入り込んで汚れを溶かすのでネジ山や連結部分なども万遍なく洗浄出来るのが魅力です。手作業では対処出来ない部分も綺麗に仕上げることが出来るのが酸洗いのメリットですが、溶解した汚れは再付着しないようにすべて洗い流すことを心がけます。

洗浄が終わった後は酸洗いに使った薬剤の性質によって後処理の方法が変わるので説明書をよく読んでおくことが大切です。通常は酸の効果を弱める中和剤を使ってすすぎを行いますが、酸洗い用の薬剤の中にはコーティング作用を持つ物もあります。そのため、場合によってはすすぎは行わず、そのまま乾燥させるのが適切なお手入れの方法です。

酸洗とは、硫酸や塩酸などの酸性溶液に金属製品を浸し、金属製品の表面にできていた酸化物を洗浄し、取り除く処理のことです。