酸洗いエッチングとは

表面加工の技法であるエッチング

エッチングとは酸洗いの種類の一つであり、酸をはじめとした様々な化学薬品の腐食作用を利用して金属の表面を加工する技法とされています。
工程内容としては、まず最初に金属などのエッチングを行うものの表面に酸の影響を受けないように防食層を作ります。そして加工するイメージに合わせて作った防食層を取り除いていき、取り除いた部分のみに酸が触れるように腐食させて表面を削っていくのです。こうすることで腐食作用を受けた部分と受けない部分を作り出すことができるため、エッチングを行いたい部分のみを加工することが可能となります。

このようにエッチングは腐食作用をうまく活用して、表面の加工したい部分のみ加工することができるところが大きな特徴です。

酸洗いとの違いについて

基本的に酸洗いもエッチングも金属に対して行われる酸処理であることは変わりありませんが、2つの技法の違いとして目的が挙げられています。
酸洗いは金属に張り付いている酸化物を酸処理によって取り除き、表面加工をしやすくするという目的で行われています。それに対してエッチングは酸処理によって発生する腐食作用を利用して、金属の表面を加工することが目的です。どちらも金属の表面を加工するという目的ではありますが、酸洗いはより表面加工をしやすくするための処理として用いられているため、エッチングをする前の処理として行われる場合も多いのです。

このように酸洗いとエッチングは目的や金属の表面加工をする上での順序が異なっているため、その点を理解しておく必要があります。

メッキをする場合や溶接などを行う場合には、金属表面処理を行います。これは表面の酸化被膜を取り除いて、メッキを付きやすくしたり、溶接をしやすくするためです。通常は酸を使用して金属の表面を洗います。