金属の加工前に行う下処理が目的で行う場合

メッキ前には酸洗いが必要

金属に均一なメッキを施す前には、必ず酸洗いを行います。これは無電解メッキでも電解メッキでも同じで、表面の汚れを除去したり、金属の表面にできた酸化被膜を除去することで、次のメッキが均一に付くようにします。酸は薄い塩酸や硫酸が使用されることが多く、目的や製品の種類によって、酸の種類や濃度は異なります。この酸処理は化研(化学研磨)と呼ばれる場合もあり、ほとんどの製品のメッキ前には下処理として行われています。表面の酸化被膜や汚れを取ることが目的なので、作業時間は比較的短いのですが、再度汚れが付着したり、酸化しないように次工程のメッキ作業は連続して行われることが多いようです。危険な薬品を使用するので、特定施設として登録された工場・施設を必用となります。

溶接や金属加工に使われる

酸洗いはメッキの前処理だけでなく、溶接や金属の圧着などの前にも行われます。やはり、金属表面の汚れを取ったり、酸化被膜を取り除きます。これによって溶接や加工の強度が確保できたり、信頼性を上げることができます。 更に酸洗いはエッチングと呼ばれる下処理や金属加工も行われます。化学薬品などの腐食作用を利用して、表面の汚れや酸化被膜を取るのはもちろん、更に進んで表面状態を荒らして、メッキが付きやすくします。又、金属の不要部分を腐食させることで、金属を加工することもできます。つまりは、金属のいらない部分を腐食させて穴を形成したり、必要部分にマスキングしてパターンを形成します。 これらは、やはり硫酸・塩酸・フッ酸など強力な酸が使用される技術なので、専門の工場や設備を必用となります。